ど

ま〜〜

考えが大分変わってきたのか❓

最近

ついつい見えてしまった❗のではなく

何か気にしてないのだろう

“焼き鳥屋天国”福井の老舗で(秋吉ではない)

あ”見つかちゃった👀

ってな具合で

オープン厨房から丸見えの“永谷園のお茶漬け”を見てしまった

メニューには“お茶漬け”400円と^^;

ま〜〜その後続く

チューブ式のわさびに和がらし等・・・・・

私的にあまり見せない方がいい

飲食店の“裏”の部分を

惜しげもなく見せていた

また先日の休み

こちらも

有名な焼き鳥屋での出来事

値段は“並の上”といった感じで

お洒落な雰囲気

そこでも

あ”見つかちゃった👀

ニチレイの“冷凍枝豆”を

堂々と袋ごと見せ・・・・・・・

私が常識を知らないのか❓

彼ら若い“料理人”の

現在の“当たり前”なのか❓


大手ファミレス等は

そんな調理のオンパレードだろうが

完全に

厨房がクローズになっており

あえて一般のお客さんは知らないので(家族にバイトがいると色々とあるらしい・・・・・)

中央で作られた“冷凍”や缶詰、レトルト”等を

温めるだけの“簡単クッキング”ではないか❓❓❓

と半信半疑のまま(そんな不都合な真実は知らない方が幸せかも・・・・)

食べているので

事実上“安心感”があるような気がする

そう

それは見せていないからだ❗

たまに回転寿司でも

ケーキの生クリームを盛り付けする

三角のチューブ式のやつで

調理済みの“ひきわり納豆”や“皮をとってあるたらこ”

調理済みパックの“しめ鯖”や“卵焼き”を見かけるが

ん”〜〜何か間違ってる気がする

これなら

まだ目の前でも

シャリロボットの方が断然許せるし

人間が手袋を着けて握るより安心する


“見せちゃいけない”物を

あえて隠すのも(例えば龍吉ならグロテスクな豚の頭等・・・・・)

私的に大事な“心遣い”だと思う

ていうか

何れも繁盛店だった事を考慮すれば

見せるのも

逆に“安心感”を与えるパフォーマンスになっているのか❓

この“ジャッジメント”は

奥が深すぎて

まだ私の認識が時代に追いついてないようだ

そう言えば

その昔

小松に店があった頃

お子様セットに“グリコのプッチンプリン”を

パックごと“そのまま”出したら

『てめ〜〜客をなめてるのか💢💢』と

お客さんに、もの凄い剣幕で“怒られた❗”

店的に

小さいラーメン・小さいおにぎり・おもちゃ

それにブランド意識高い

“グリコのプッチンプリン”で500円っと

とても“いいサービス”だと思っていたが

ここは

お客さん的に

値段の問題じゃなく

例えばプリンをパックから出し

ガラスの器に盛り付け

缶詰ではあるが“さくらんぼ”を乗せたり

完全に“手作りにこだわり”

渾身の一品を提供する等と

一工夫二工夫する事が

飲食店の“最低限のマナー”だと

言いたかったのだろう

実はこれ以来

龍吉では“手作り焼きプリン”(現在は非売品)

“自家製アイス”等

手間をかけ提供している


めぐまるしく変わる“飲食店の環境”

師匠を持たない修行経験がない“スキル不足の店主”

慢性的な“人手不足”

異常気象による“食材の高騰”

日進月歩進む“食材の保存技術”

等など・・・・・・・・・

意固地になり変化を見落としていたら

本当の意味での

“明日のラーメン”は創造出来ないみたいだ


以上の問題

あなたならどう思いますか・・・・・・・・ニャンとも